新潟をアクアリウムで癒したい。アクアリゾート
新潟の熱帯魚レンタルメンテナンス
お世話になっているリース会社様のご紹介です。

こんにちは!

突然ですが、水槽資材のご購入をご検討中の方へ、今回はお支払方法のお話しをさせていただきたいと思います。

通常ですと現金購入・クレジット支払かと思いますが、リース契約という選択肢があります。

リース契約の場合は基本企業様向けのご案内となります。リース契約物件には、リース会社様でご契約の動産保険が付帯されます。

今回は弊社がよくお世話になっておりますリース会社「大協リース株式会社様」のご紹介をさせていただきたいと思います。

ちょうどJAバンク新潟県信連様で発行のフリーペーパーに、大協リース株式会社様の記事が掲載されていましたのでご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

表参道・新潟館 ネスパス に錦鯉水槽を展示しました。

表参道駅から徒歩1分“にいがた”の

新鮮情報を発信するアンテナショップ“ネスパス”

22周年生誕祭イベントに

錦鯉水槽を展示させていただきました。

水槽の展示は6/17日の1日限定でしたが、

生誕祭イベントは23日(日)まで

続いているようです。

催し物やグッズの

プレゼントなど

新潟県民が行っても

楽しいこと間違いなし!

東京に行かれた際には

ぜひのぞいてみてください♪

お魚紹介【ヤエヤマギンポ】編

おはようございます!

本日はお魚の紹介です。

目が大きく、キャラクターのようなこの子!

海水魚のヤエヤマギンポ。

西太平洋の熱帯域や石垣島などに分布するカエルウオの仲間です。灰褐色の体色に白色班が入り、海水魚としては地味なカラーではありますが愛嬌のある顔から密かな人気者です。

写真のヤエヤマギンポは全長10cmほど、ですが生息環境により最大15cmほどにまで成長します。

岩に付着するコケや、餌の食べ残しをキレイにもしてくれるお掃除屋さんでもあります。

 

また、他の魚やエビなどあまり興味を示さないため、さまざまな魚と混泳が可能です。ただし、同種同士は縄張り意識が強いので混泳は避けたほうが無難。ケンカをしてしまいます。

太っている個体ほど丈夫で、飼育しやすいとされます。

―――――――――――――――――――――――――

そんなヤエヤマギンポを身近に楽しむことができる、アクアリゾートのメンテナンス付きプラン!

水槽内では岩陰に隠れていることもあるので、毎日どこにいるか探して楽しんでいます♪とのお客様の声も聞きます♪

アクアリウムやお魚に対する知識を持ったスタッフが、お魚の様子も含めしっかりとメンテナンスさせていただきます。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

 

 

開催迫る!アクアリゾート第2回レイアウトコンテスト

こんにちは♪総務のつかだです。

今日は朝から暑いですね。

アクアリゾートでは

そんな暑さに負けない、熱~いコンテストが迫っております!!

その名も、

㈱アクアリゾート 第2回レイアウトコンテスト!!!!

 

2019年1月に第1回が行われた『レイアウトコンテスト』。

水槽のレイアウトがいかに素敵か、

クオリティが高いか等々を含め、

社内投票のもと優勝者と準優勝者が決まります。

前回は、メンテナンススタッフ福井が優勝で幕を閉じました。

ちなみに、準優勝は山崎でした。

 

今回は営業の冨岡や新入社員の高橋も参戦!!

W900サイズの水槽を淡水仕様でレイアウトします。

条件と使用アイテムは平等に、

事前にレイアウト作品を作成し、写真撮影。

作品写真披露からの投票と、結果発表は7/6に行われます♪

 

皆がどんな作品を創るのか、

個性溢れる作品を見るのを今からワクワクしております(´∀`)

 

写真は優勝トロフィーです。

また様子や結果など随時お知らせしていきますね♪

お楽しみに~!

 

水槽レイアウトのリニューアルの様子をお伝えします♪

本日は、『レイアウトリニューアル』についてupしたいと思います。

 

そもそもレイアウトリニューアルとは…?

岩や流木、そして水草を使用して水槽内の水景に変化をつけることです。

眺めやイメージが変わり、美しい水槽をさらに楽しむことができます。

 

今回は W600 淡水ナチュラル仕様の水草水槽です。

お写真はリニューアル後になります!!

 

リニューアル前のお写真がご用意ができず申し訳ないのですが、

以前は凸(トツ)型構図と言って、真ん中を高く際立てた立体感と躍動感のあるレイアウトでした。

つまり、山のような型のレイアウトです。

簡単そうですが、実はレイアウトとしてはなかなか難しいものなのです。

 

で!!!今回のお写真は!!!というと…♪

 

今回は凹(オウ)型構図という、水槽の両端に分けてレイアウトを組んだものへとチェンジ!

左右のバランスがとっても大事になってきます。

まずは岩、そして流木を配置しそこへ水草を植栽していきます。

ミクロソリウム プテロプスはじめ、ミクロソリウム ウェンデロフ、バリスネリアナナ、ルドウィジア系…などの水草をたくさん使用しました!!グリーンが鮮やか!

そしてポイントは、向かって左側の流木をトンネルのように配置したところだそうです。

ちょうど写真の真ん中あたりがトンネルになっているのわかります?

抜け道をお魚さんたちが通ってくれるかな~~なんて、ちょっとした遊び心を加えました!!!!

こんな素敵なレイアウトを作ったのは、アクアリゾート期待の逸材 メンテナンススタッフ中川です(^^)

水槽に泳ぐお魚の種類は、群れで泳ぐカージナルテトラがメイン。

そして、とにかく色のグラデーションがとてつもなく綺麗なサンセットドワーフグラミーや水草に映える赤系の対色を持つラスボラエスペイ等が泳いでいます。

 

アクアリウムで“癒し”と“感動”を。

 

お客様に喜んでいただけるといいな♪

また、レイアウト事例がありましたら色々とご紹介させていただきますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウト.なかがわ

文.つかだ