新潟をアクアリウムで癒したい。アクアリゾート
新潟の熱帯魚レンタルメンテナンス
本当に必要な仕事とは?

株式会社アクアリゾート 代表取締役 星の日々感じたことや気づきなどを発信していくコーナーです。

 

第1話 「本当に必要な仕事とは?」

 

————————————————————

営業で訪問する先々で、色々な方とお話をする機会がとても多い。

「素敵な仕事ですね、キレイな仕事ですね。」

と、言われることがある。

その反面、決まって言われることがもうひとつ。

「生活に必要かというと、趣味の世界ですよね。」

確かに、衣・食・住と比べてしまうと、優劣つけがたい。

 

「生活に必要な仕事とは何だろう…?」と疑問が湧いた。

しかし、

「そもそも世の中に、必要じゃない仕事はあるのかどうなのか?」

自分たちが提供するサービスや商品が、お客様にとってどの位置づけにあるのか?

ただ、ただ、

私たちのサービスを利用してもらう以上、お客様にとっての優先順位高くありたい。

また、

「より、そうなるためにはどうするか?」を常に考え仕事をして行く。

そう考えた時、

「世の中に必要のない仕事はない!」

とはっきりと思った。

アクアリウムに興味のない方や、お魚が苦手という方には

どうしても優先順位が下がってしまう…

けれども、アクアリウムを「観賞魚の飼育」としての見方だけでなく、

デザイン製溢れるお洒落なインテリアであったり

セラピー効果の高いヒーリングツールであったり

子供達にとっての学びのツールであったりと

見方や常識を変え、必要とされるものへ昇華させることも

私たちの仕事。

 

10年間、今のアクアリウムメンテナンスサービスを

多くの方に伝え続け、様々な場所へ設置させていただいた。

そして、たくさんの人達との出会いを通して、

幸いにも多くの喜びや感謝のお声をいただけた。

 

この前、ある保育園の園長先生にこう言われた

「子供たちが泣いてしまった時、水槽を見に行こうと誘うんです。そうすると、さっきまで泣いていた子供が泣き止んで笑うんです。」と、業界的にはクールダウンと言うらしい。

それを聞いて胸がいっぱいになった。

「自分達の仕事は、単なる一般的な趣味の世界に留まらず、

確実に効果を実感してもらっている!」

という手応えを感じた。

 

生きるためには必ず必要なものではないかもしれない、

けれどもこの仕事を通して、出会いや感動・喜びや知識を与えられる。

これからも、もっと必要とされる仕事をしていきたい!

そして、もっと価値を高められるよう努力していきたい!

そう思った。

 

 

 

 

 

  1