新潟をアクアリウムで癒したい。アクアリゾート
新潟の熱帯魚レンタルメンテナンス
水槽レイアウトのリニューアルの様子をお伝えします♪

本日は、『レイアウトリニューアル』についてupしたいと思います。

 

そもそもレイアウトリニューアルとは…?

岩や流木、そして水草を使用して水槽内の水景に変化をつけることです。

眺めやイメージが変わり、美しい水槽をさらに楽しむことができます。

 

今回は W600 淡水ナチュラル仕様の水草水槽です。

お写真はリニューアル後になります!!

 

リニューアル前のお写真がご用意ができず申し訳ないのですが、

以前は凸(トツ)型構図と言って、真ん中を高く際立てた立体感と躍動感のあるレイアウトでした。

つまり、山のような型のレイアウトです。

簡単そうですが、実はレイアウトとしてはなかなか難しいものなのです。

 

で!!!今回のお写真は!!!というと…♪

 

今回は凹(オウ)型構図という、水槽の両端に分けてレイアウトを組んだものへとチェンジ!

左右のバランスがとっても大事になってきます。

まずは岩、そして流木を配置しそこへ水草を植栽していきます。

ミクロソリウム プテロプスはじめ、ミクロソリウム ウェンデロフ、バリスネリアナナ、ルドウィジア系…などの水草をたくさん使用しました!!グリーンが鮮やか!

そしてポイントは、向かって左側の流木をトンネルのように配置したところだそうです。

ちょうど写真の真ん中あたりがトンネルになっているのわかります?

抜け道をお魚さんたちが通ってくれるかな~~なんて、ちょっとした遊び心を加えました!!!!

こんな素敵なレイアウトを作ったのは、アクアリゾート期待の逸材 メンテナンススタッフ中川です(^^)

水槽に泳ぐお魚の種類は、群れで泳ぐカージナルテトラがメイン。

そして、とにかく色のグラデーションがとてつもなく綺麗なサンセットドワーフグラミーや水草に映える赤系の対色を持つラスボラエスペイ等が泳いでいます。

 

アクアリウムで“癒し”と“感動”を。

 

お客様に喜んでいただけるといいな♪

また、レイアウト事例がありましたら色々とご紹介させていただきますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

レイアウト.なかがわ

文.つかだ